米ぬかの利用方法ご紹介
〜三田村農園の無農薬米ぬか〜

先日 ある方(男性)と話しをしていたところ、その男性は漬物が大好きで、自宅にいる時は
基本的に毎日「ぬか床」を混ぜている、と話されていました。
ずっと以前からの「ぬか床」のようですが、少しづつ米ぬかを足しながら混ぜているようです。

我が家では、糠漬は夏の季節、夏野菜のキューリ、ナスなどを漬けるのですが、
お漬物が好きな方は季節にとらわれなく漬け込んでいるのでしょうね。

さて、三田村農園には、たくさんの方々から米ぬかのご注文が来ております。
新しい米ぬかが出来るたびにお送りしておりますが、色々な米ぬかのご利用方法が
あるようです。
 ・漬物のぬか床に。
 ・新築した家の柱など無垢材を米ぬかで磨きたい。
 ・クッキーやケーキに混ぜる。
 ・ヨーグルトに。
 ・パスタなど、その他料理に使われる方。
    などなど。
お風呂で使いたいという方もいらっしゃいます。
私たちも一度 米ぬかを袋に入れてお風呂で使ってみましたが、ちょっと肌に刺激が
強いような感じがしました。
それ以来、お風呂で米ぬかは使っていませんが。。

定期的に米ぬかのご注文をいただく女性の方がいらっしゃいます。
都内在住の方ですが、その方は料理などに米ぬかを使っているようです。
以前、その方から
 『今回作った「ゴマ」入りと「プルーン&くるみ」入りの米ぬかパン』の写真を
お送りいただきました。

その「米ぬかパン」の写メです。


このようにお客様から、写真をお送りいただくのは私たちにとっても非常に嬉しく、
「うちの米ぬか、こんな風に使っていただいているんだ!」と思います。

私たち三田村農園のポリシー(というほどでもないですが)は、お客様と顔が見える
お付き合いをしたいというのが基本的な考えです。

情報は私たちからの一方通行ではなく、お客様からお電話やメール等で色々な
お声や情報をいただきたいと思っております。
お姿やお顔が写っている写真を送っていただいた方もあります。
「○○さんて、この方なんだ!」と嬉しく思いますね。

今年も色々な情報を発信していきたいと思っておりますので、よろしくお願いします。

追)新しい米ぬかあります! ご注文はこちらから。

    平成23年1月15日
    三田村農園 三田村淳一

無農薬・無肥料栽培のお米/三田村農園トップページへ


無肥料(無施肥)栽培米・米ぬか・米粉
三田村農園


〒915-0856
福井県越前市中平吹町88-1-2



Copyright(C) 2011 三田村農園 All Rights Reserved.