三田村農園 農作業日記
〜春の菜園用EMボカシのご注文 承ります!〜


福井県地方は今シーズン 例年以上の積雪があり、雪かきに汗を出した冬でした。

その雪も溶けて、三田村農園にも春の足音が聞こえてくる季節になりました。

平成22年2月26日 三田村農園では春の農作業のスタートとなる、EMボカシを作り始めました。

このEMボカシ、母親が畑で使います。

この時期、畑に玉葱(タマネギ)の苗を植えて、そこにEMボカシを使います。

三田村農園の畑でのEMボカシの使い方をご説明します。

@最初、畑の土にEMボカシを入れて、クワなどで土の中に入れてしまいます。

A苗を植えます。

Bそれから1週間くらいしてから、苗に直接当たらないようにして、苗の回りの土にパラパラとEMボカシをまきます。

苗を植えて、すぐにEMボカシをまくと、苗が負けてしまうようです。
※母親の経験談。

苗を植えて、しばらくしてからEMボカシをまくのがいいようです。

三田村農園の特製EMボカシは、菜種かす、米ぬか、EM、糖蜜で作ります。
動物性原材料は使っておりませんので、いい香りがします。

昨年も玉葱(タマネギ)はそこそこ作ったのですが、サラダやお味噌汁、煮物、カレーなどで早くなくなってしまいました。

今年は、去年以上にたくさんの玉葱(タマネギ)を作らないと、と母親が言ってます。
私たちも手伝うのですが、畑で指示を出すのは母親です。

新ジャガも美味しいけど、新タマネギも美味しいですね。

この特製EMボカシ、ご希望の方に販売させていただきますので、春の家庭菜園なとでお使いいただければ幸いです。

  三田村農園 特製EMボカシのご注文ページはココから!

無農薬・無肥料栽培のお米/三田村農園トップページへ


無肥料(無施肥)栽培米・米ぬか・米粉
三田村農園


〒915-0856
福井県越前市中平吹町88-1-2

Copyright(C) 2010 三田村農園 All Rights Reserved.